古語:

葦辺の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「葦辺」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/19件中)

自動詞ガ行四段活用活用{が/ぎ/ぐ/ぐ/げ/げ}(草木の葉などが)さやさやと音を立てる。出典万葉集 二一三四「葦辺(あしべ)なる荻(をぎ)の葉さやぎ」[訳] 葦辺に生えている荻(おぎ)の葉がさやさやと...
分類枕詞鴨が葦辺(あしべ)で群れていることから「うち群れ」にかかる。出典土佐日記 一二・二七「あしがものうち群れてこそ我は来にけり」[訳] 葦辺で群れる鴨のように群れて私たちは来たのだ。
分類枕詞鴨が葦辺(あしべ)で群れていることから「うち群れ」にかかる。出典土佐日記 一二・二七「あしがものうち群れてこそ我は来にけり」[訳] 葦辺で群れる鴨のように群れて私たちは来たのだ。
自動詞カ行変格活用活用{こ/き/く/くる/くれ/こ(こよ)}潮が満ちてくる。だんだん満潮になる。出典万葉集 九一九「若の浦に潮みちくれば潟(かた)を無み葦辺(あしへ)をさして鶴(たづ)鳴き渡る」[訳]...
自動詞カ行変格活用活用{こ/き/く/くる/くれ/こ(こよ)}潮が満ちてくる。だんだん満潮になる。出典万葉集 九一九「若の浦に潮みちくれば潟(かた)を無み葦辺(あしへ)をさして鶴(たづ)鳴き渡る」[訳]...
名詞鳥の左右の翼が重なり合う部分。また、転じて、鳥の翼。出典万葉集 六四「葦辺(あしべ)行く鴨(かも)のはがひに霜降おりて寒き夕べは大和(やまと)し思ほゆ」[訳] ⇒あしべゆく…。
名詞鳥の左右の翼が重なり合う部分。また、転じて、鳥の翼。出典万葉集 六四「葦辺(あしべ)行く鴨(かも)のはがひに霜降おりて寒き夕べは大和(やまと)し思ほゆ」[訳] ⇒あしべゆく…。
分類枕詞鶴(つる)が鳴くように泣くの意から、「ね泣く」にかかる。出典万葉集 四五六「あしたづのねのみし泣かゆ」[訳] 葦辺に鳴く鶴のように声を立てて泣けてくる。
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2019 Weblio RSS