古語:

おほぞらはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おほぞらはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おほぞらは…

分類和歌


「大空は梅のにほひにかすみつつ曇りも果てぬ春の夜の月」


出典新古今集 春上・藤原定家(ふぢはらのさだいへ)


[訳] 大空は梅の香にかすみながら、すっかり曇りきることもない春の夜の月よ。


鑑賞

二句三句の「梅のにほひにかすみつつ」は、嗅覚(きゆうかく)を視覚に結びつけた印象的な表現。実際は春の夜のかすみでかすんでいるのだが、濃厚に漂う梅の香がたちこめて、いかにもその香でかすむように感じられたのである。平安時代前期の歌人、「大江千里(おほえのちさと)」の「照りもせず曇りも果てぬ春の夜の朧月夜(おぼろづくよ)にしくものぞなき」(『新古今和歌集』)〈⇒てりもせず…。〉を本歌としている。また、この本歌は『源氏物語』の「花宴(はなのえん)」の巻にも引用されている。








おほぞらはのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おほぞらはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おほぞらはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS