古語:

かつしかのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > かつしかのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かつしかの…

分類和歌


「勝鹿の真間(まま)の井を見れば立ち平(なら)し水汲(く)ましけむ手児名(てごな)し思ほゆ」


出典万葉集 一八〇八・高橋虫麻呂(たかはしのむしまろ)


[訳] 葛飾の真間の井の清水(わき水)を見ると、昔、この辺を踏みしめながら行き来し、水を汲んだであろう、手児名のことが思われることだ。


鑑賞

「真間の手児名」は、上代、下総(しもうさ)の国葛飾(かつしか)郡真間(今の千葉県市川市真間町)に住んだという伝説上の娘。「手児名」は少女をあらわす上代の東国方言。その美しさに魅せられた多くの男性からの求婚を受け、苦悩のあげくに、入水(じゆすい)して自ら命を断ったという。この作は、その手児名を歌った長歌に対する反歌。伝説歌人として名高い作者が、伝承された美しい娘にまつわる悲劇を追想し、情感豊かに歌い上げている。









かつしかののページへのリンク
「かつしかの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かつしかののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かつしかののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS