古語:

つとの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つと

副詞

そのまま。ずっと。じっと。


出典大和物語 一四九


「かくて、ほかへもさらに行かで、つとゐにけり」


[訳] こうして、ほかの所へはまったく行かないで、そのまま(女のそばを離れないで)いた。


急に。さっと。


出典平家物語 九・宇治川先陣


「その間に、佐々木は、つと馳(は)せ抜いて」


[訳] その間に、佐々木高綱は、さっと馬で追い抜いて。



つと 【苞・苞苴】

名詞

食品などをわらで包んだもの。わらづと。


贈り物にする土地の産物。みやげ。


出典徒然草 二三六


「都のつとに語らん」


[訳] 都へのみやげとして語ろう。









つとのページへのリンク
「つと」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つとのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




つとのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS