古語:

なむずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

な-・むず

分類連語


…てしまうだろう。


出典平家物語 一・鹿谷


「天下(てんが)の大事に及び候ひなんず」


[訳] 天下の重大な事件に及んでしまうだろう。


…てしまおう。


出典竹取物語 御門の求婚


「強(し)ひて仕うまつらせ給(たま)はば、消え失(う)せなむず」


[訳] 無理に(帝(みかど)に)お仕え申し上げさせなさるならば、(私は)消え失せてしまおう(と思います)。◆中世以降は「なんず」とも表記される。


なりたち

完了(確述)の助動詞「ぬ」の未然形+推量(意志)の助動詞「むず」









なむずのページへのリンク
「なむず」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なむずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なむずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS