古語:

ほどろの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほどろ

名詞

わらびの伸びすぎてほうけた穂。


出典方丈記 


「わらびのほどろを敷きて、夜の床(ゆか)とす」


[訳] わらびの伸びすぎた穂を敷いて、夜の寝床にする。



ほど-ろ

名詞

〔「夜(よ)のほどろ」の形で〕


(一)

(夜が)明け始めるころ。明け方。


出典万葉集 七五五


「夜のほどろ出(い)でつつ来(く)らく遍多(たびまね)くなればわが胸截(た)ち焼くごとし」


[訳] 夜の明け始めるころ(別れて)出てくることが度重なったので、私の胸は切りさき焼かれるようだ。◇上代語。


(二)

【程ろ】時分。ころ。


出典宇津保物語 蔵開下


「翁(おきな)かく夜のほどろに参りて」


[訳] 翁(=私自身)が、このような夜の時分(=夜更け)に参上して。


参考

「ろ」は接尾語。(二)は、中古に入って上代語の原義が忘れられ、「ほど」を「程」と解してできた語。









ほどろのページへのリンク
「ほどろ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ほどろのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ほどろのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS