古語:

ゆふぐれはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ゆふぐれはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゆふぐれは…

分類和歌


「夕暮れは雲のはたてに物ぞ思ふ天(あま)つ空なる人を恋ふとて」


出典古今集 恋一・よみ人知らず


[訳] 夕暮れには、雲の果てを眺めて物思いをする。空のかなたの手の届かない人を恋い慕っているので。


鑑賞

身分違いの恋の断ち切れない気持ちを詠んだもの。なお、「はたて」を「旗手」と解し、雲が旗のようになびいているようすを物思いの乱れにたとえたとする説もある。



ゆふぐれは…

分類俳句


「夕暮れは鐘をちからや寺の秋」


出典去来抄 俳論・風国(ふうこく)


[訳] 寂しい秋の夕暮れ、折からの寺の晩鐘の音は、私を力づけてくれるかのように聞こえてくる。


鑑賞

『初蟬(はつせみ)』では初句「入(いり)あひの」。最初風国はこの句を、晩鐘のさびしからぬという意に作った。それに対して去来(きよらい)は、それは「一己(いつこ)の私(=自分一人の私情)」だと批判し、このように作り直したという。季語は「秋」。









ゆふぐれはのページへのリンク
「ゆふぐれは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ゆふぐれはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ゆふぐれはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS