古語:

よしのやまの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > よしのやまの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よしのやま…

分類和歌


「吉野山やがて出(い)でじと思ふ身を花散りなばと人や待つらむ」


出典新古今集 雑中・西行(さいぎやう)


[訳] 吉野山に分け入ってそのまま山から出まいと思うこの身を、花が散ってしまったら戻って来るだろうと、親しい人は待っているだろうか。


鑑賞

吉野山は、俗世を離れる人が身を隠す地であるとともに、桜の名所でもあった。



吉野山

分類地名


歌枕(うたまくら)。今の奈良県吉野郡吉野町にある山。修験道(しゆげんどう)の本拠である金峰山(きんぷせん)寺がある。桜の名所として知られるが、また、それより古くから雪深い地、隠遁(いんとん)の地としても有名であった。吉野の山。吉野。








よしのやまのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

よしのやまのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




よしのやまのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS