古語:

よのなかよの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > よのなかよの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よのなかよ…

分類和歌


出典百人一首 


「世の中よ道こそなけれ思ひ入(い)る山の奥にも鹿(しか)ぞ鳴くなる」


出典千載集 雑中・藤原俊成(ふぢはらのとしなり)


[訳] 世の中よ、(つらさから)逃避(とうひ)する道はないのだなあ。思いつめて分け入ったこの山奥にも、「その通りだ」とばかりに悲しげに鹿が鳴いているよ。


鑑賞

「鹿」に「然(しか)」をかけている。









よのなかよのページへのリンク
「よのなかよ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

よのなかよのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




よのなかよのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS