古語:

奥の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

オウ 【奥】

⇒あう



おく 【奥】

名詞

物の内部に深く入った所。


出典千載集 雑中


「世の中よ道こそなけれ思ひ入(い)る山のおくにも鹿(しか)ぞ鳴くなる」


[訳] ⇒よのなかよ…。


奥の間。


出典大和物語 一七三


「やをらすべり入りて、この人をおくにも入れず」


[訳] 音もなくそっと中に入って、この人を奥の間にも入れない。


(書物・手紙などの)最後の部分。


出典古今集 哀傷


「書きて送りけるおくに詠みて書けりける」


[訳] 書いて送った(手紙の)最後に詠んで書いてあった(歌)。


「陸奥(みちのく)」の略。▽「道の奥」の意。


出典奥の細道 須賀川


「風流の初めやおくの田植(たうゑ)歌―芭蕉」


[訳] ⇒ふうりうの…。


遠い将来。未来。行く末。


出典万葉集 六五九


「あらかじめ人言(ひとごと)繁しかくしあらばしゑやわが背子(せこ)おくもいかにあらめ」


[訳] 前々からうわさが立っています。こんなことだったら、ままよ、あなた、行く末はどうなるのだろう。


心の奥。


出典源氏物語 紅梅


「心ばへありておく推し量らるるまみ額つきなり」


[訳] 才気があって心の奥深さが推察される目元や額のようすである。









奥のページへのリンク
「奥」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

奥のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




奥のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS