古語:

好きの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すき 【好き】

名詞

色好み。好色。


出典源氏物語 宿木


「さはれ、なほざりの御すきにはありとも、さるべきにて、御心とまるやうも」


[訳] ままよ、(匂宮(におうのみや)の)一時の御色好みであっても、宿縁で、(六の君に)お心がとまるようなことも。


風雅の道。風流。▽和歌・音楽・芸道などの風流の道に深く心を寄せることをいう。


出典増鏡 おどろの下


「限りなきすきのほども、あはれにぞ見えける」


[訳] 限りなく風雅の道(の歌道)に打ち込んでいるのも、しみじみとすばらしいと思われた。◇「数寄」「数奇」とも書く。


語の歴史

現代語では「…が好きだ」のように、好ましく思っている対象を受けて形容動詞として用いるのがふつうで、名詞としては「数寄をこらす」のような言い方だけに残る。









好きのページへのリンク
「好き」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

好きのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




好きのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS