古語:

彼の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あ 【彼】

代名詞

あれ。あちら。あの人。▽遠称の指示代名詞。


出典更級日記 竹芝寺


「あの男(をのこ)、こち寄れ」


[訳] あちらの男よ、こちらへ寄りなさい。



かれ 【彼】

代名詞

あれ。あのもの。▽遠称の指示代名詞。


出典伊勢物語 六


「『かれは何ぞ』となむ男に問ひける」


[訳] 「あれはなんだ」と男にたずねた。


あの人。その者。▽他称の人称代名詞。


出典源氏物語 桐壺


「かれは…御志あやにくなりしぞかし」


[訳] あの人(=桐壺更衣(きりつぼのこうい))は…(帝(みかど)の)ご愛情が大変深かったのであったよ。


注意

(1)古文では現代語にないの用法で用いられることが多い。(2)は現代語「彼」に近い用法だが、古文では女に対しても用いる。



あれ 【彼】

代名詞

あれ。


出典枕草子 人ばへするもの


「あれ見せよ。やや、はは」


[訳] あれを見せてよ。ねえ、お母さん。


それ。そこ。▽話し手にとって確認できない正体不明な物・人や、高貴な人をさすことが多い。


出典平家物語 九・敦盛最期


「あれは大将軍とこそ見まゐらせ候へ」


[訳] それは大将軍であると拝見いたします。


あなた。


出典平家物語 六・慈心房


「『あれはいづくよりの人ぞ』と問ひければ」


[訳] 「あなたはどちらからの人ですか」と尋ねたところ。



か 【彼】

[一]代名詞

あれ。あちら。▽遠称の指示代名詞。「かの」などの形で。


出典徒然草 一〇


「かのためし思ひいでられ侍(はべ)りしに」


[訳] あの例が自然と思い出されましたところ。


[二]副詞

〔多く「か…かく…」の形で〕ああ。あのように。


出典万葉集 一三一


「波のむたか寄りかく寄る玉藻なす寄り寝し妹(いも)を」


[訳] ⇒いはみのうみ…。









彼のページへのリンク
「彼」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

彼のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




彼のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS