古語:

浅はかなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 浅はかなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あさ-はか・なり 【浅はかなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


奥深くない。


出典枕草子 五月の御精進のほど


「廊めきて端ぢかにあさはかなれど」


[訳] (全体が)渡り廊下みたいで外に近くて奥深くない(貧弱な感じである)が。


思慮が足りない。


出典源氏物語 朝顔


「あさはかなる筋などもて離れ給(たま)へりける人の御心を」


[訳] 思慮が足りない方面(=浮気)などは、全く見向きもなさらなかった人の御心なのに。


重大でない。取るに足りない。


出典源氏物語 須磨


「あさはかなることにかかづらひてだに」


[訳] 取るに足りないことにかかわりを持っただけでも。









浅はかなりのページへのリンク
「浅はかなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

浅はかなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




浅はかなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS