古語:

音なひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おと-なひ 【音なひ・訪ひ】

名詞

音。響き。物音。


出典枕草子 心にくきもの


「うちそよめく衣(きぬ)のおとなひなつかしう」


[訳] さやさやと鳴る衣ずれの音が魅力的で。


(音によってわかる)ようす。気配。


出典更級日記 宮仕へ


「梅壺(うめつぼ)の女御(にようご)ののぼらせ給(たま)ふなるおとなひ、いみじく心にくく優なるにも」


[訳] 梅壺の女御が(清涼殿に)お上りになられるような気配が、とても奥ゆかしく優雅であるにつけても。


訪れ。訪問。


出典蜻蛉日記 下


「例ならぬほととぎすのおとなひにも、やすき空なく思ふべかめれ」


[訳] 例年にないほととぎすの訪れにも、心の休まるひまなく、物思いをするにちがいないようだ。


騒ぎ。評判。


出典増鏡 春の別れ


「世のおとなひ聞こしめす入道の宮・女院などの御心のうち今さらにいとかなし」


[訳] 世間の騒ぎをお聞きになる入道の宮(=禖子(ばいし)内親王)や女院(=永嘉門院)などのご心中は、今あらたにまことに悲しく感じる。









音なひのページへのリンク
「音なひ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

音なひのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




音なひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS