古語:

おこづくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おこづ・く

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


調子づく。


出典古今著聞集 五七五


「この敦正(あつまさ)は鼻の大きにて赤かりけるを、おこづきてかく書きてけり」


[訳] この敦正は鼻が大きく赤かったので、調子づいてこう書いたのだった。


ずきずき痛む。


出典義経千本桜 浄瑠


「忌中に合戦(かつせん)の疵口(きずぐち)おこづき」


[訳] 忌中に合戦で受けた傷口がずきずき痛み。◆「をこづく」とする説もある。








おこづくのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おこづくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おこづくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS