古語:

おくららはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おくららはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おくららは…

分類和歌


「憶良らは今はまからむ子泣くらむそを負ふ母も吾(わ)を待つらむそ」


出典万葉集 三三七・山上憶良(やまのうへのおくら)


[訳] 私、憶良はもう退出しましょう。家では、今ごろ子供が泣いているでしょう。その子を負っている母もきっと私を待っているでしょう。


鑑賞

作者が宴会を退席するときに詠んだもの。「憶良ら」の「ら」は謙譲の意を添える接尾語。









おくららはのページへのリンク
「おくららは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おくららはのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




おくららはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS