古語:

おきもせずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おきもせずの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おきもせず…

分類和歌


「起きもせず寝もせで夜をあかしては春のものとてながめくらしつ」


出典古今集 恋三・在原業平(ありはらのなりひら)・伊勢物語二


[訳] 昨夜は起きて何をするでもなく、眠るでもなく一晩を過ごし、そのまま昼間は長雨を春特有のものだと思って、一日中ぼんやりと物思いにふけったことだよ。


鑑賞

詞書(ことばがき)には、三月一日の夜こっそり語り合った相手に、雨のそぼ降る日に贈った歌とある。上三句はその夜の出来事をぼかした表現で、共に夜を過ごしながら、思いを遂げずに帰った心残りを相手にそれとなく伝えている。もの憂い春の長雨が、思うにまかせぬ恋の気分にふさわしい一首である。「ながめ」は「長雨」と「眺め」の掛け詞(ことば)で、当時の恋歌によく使用された。「つ」は作者の意思を含んだ、完了の助動詞。









おきもせずのページへのリンク
「おきもせず」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おきもせずのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




おきもせずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS