古語:

おごるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おご・る

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


(一)

【驕る】得意がる。思い上がる。わがままに振る舞う。


出典平家物語 一・祇園精舎


「おごれる人も久しからず」


[訳] 思い上がりわがままに振る舞っている人も長くは続かず。


(二)

【奢る】ぜいたくをする。


出典徒然草 一四二


「上(かみ)のおごり費やす所をやめ」


[訳] 支配者がぜいたくをし浪費することをやめ。









おごるのページへのリンク
「おごる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おごるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




おごるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS