古語:

かみあげの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かみ-あげ 【髪上げ】

名詞

女子の成人の儀式で、それまで垂らしていた髪を頭頂に結い上げて、後ろに垂らすこと。平安時代の貴族社会では、結婚前の十二歳から十五歳ぐらいの間に、「裳着(もぎ)」とともに行った。


「女房(にようばう)」「女官(にようくわん)」が、儀式参列や給仕の際にした、髪が食べ物につかないようにする髪型。頭頂に小さな髷(まげ)を結い、釵子(さいし)をさす。








かみあげのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かみあげのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かみあげのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS