古語:

きみならでの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > きみならでの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きみならで…

分類和歌


「君ならで誰(たれ)にか見せむ梅の花色をも香(か)をも知る人ぞ知る」


出典古今集 春上・紀友則(きのとものり)


[訳] あなたでなくていったいだれに見せようか、この梅の花を。色といい、香りといい、あなただけが理解してくれるのだ。


鑑賞

梅の花は桜の花と違って、その花の色合いだけでなく、香りも賞美の対象とされた。ただこの歌では、賞美の対象は梅の花そのものではなく、梅の花を贈った相手なのである。相手の趣味の高さ、深さを褒めている歌である。








きみならでのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

きみならでのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




きみならでのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS