古語:

きみがゆくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > きみがゆくの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きみがゆく…

分類和歌


「君が行く道の長手(ながて)を繰り畳(たた)ね焼き滅ぼさむ天(あめ)の火もがも」


出典万葉集 三七二四・狭野弟上娘子(さののおとがみのをとめ)


[訳] あなたが流されて行く長い道のりを手繰り寄せてたたんでしまい、それを焼き滅ぼしてしまえるような天の火があるといいのになあ。


鑑賞

狭野弟上娘子と、中臣宅守(なかとみのやかもり)との贈答歌の中の一首。恋人である宅守が罪を得て越前(えちぜん)の国へ配流されるときに、別れを惜しんで詠んだ歌である。「もがも」は、終助詞の「もが」と「も」が一つに合わさったもので、願望の意を表す上代語。「…あればいいなあ」「…といいなあ」などと訳す。









きみがゆくのページへのリンク
「きみがゆく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

きみがゆくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




きみがゆくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS