古語:

すごしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すご・し 【凄し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


気味が悪い。


出典源氏物語 若紫


「霰(あられ)降り荒れてすごき夜のさまなり」


[訳] あられが荒々しく降り、気味が悪い夜のようすである。


もの寂しい。ぞっとするほど寂しい。


出典更級日記 かどで


「日の入りぎはの、いとすごくきりわたりたるに」


[訳] ちょうど日の入りのときで、たいそうもの寂しく、霧が一面にたちこめているときに。


殺風景だ。冷ややかだ。


出典紫式部日記 消息文


「艶(えん)になりぬる人は、いとすごうすずろなるをりも、もののあはれにすすみ」


[訳] 情趣本位が身についてしまった人は、ひどく殺風景でなんということのないときも、しみじみとした情趣をもとめ。◇「すごう」はウ音便。


ぞっとするほどすばらしい。


出典源氏物語 若菜下


「おどろおどろしからぬも、なまめかしく、すごくおもしろく」


[訳] (太鼓が入らず)仰々しくないのも、優雅で、ぞっとするほどすばらしく趣があり。









すごしのページへのリンク
「すごし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

すごしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




すごしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS