古語:

たぎたぎしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > たぎたぎしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たぎたぎ-・し

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


(道などが)でこぼこしている。


出典常陸風土記 


「地(つち)たぎたぎしかりき」


[訳] 地面はでこぼこしていた。


足の運びがはかどらない。


出典古事記 景行


「今、吾(わ)が足え歩まず、たぎたぎしくなりぬ」


[訳] 今、私(=倭建命(やまとたけるのみこと))の足は歩くことができず、足の運びがはかどらなくなった。








たぎたぎしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たぎたぎしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




たぎたぎしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS