古語:

たごのうらゆの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > たごのうらゆの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たごのうらゆ…

分類和歌


「田子(たご)の浦ゆうち出(い)でて見れば真白(ましろ)にそ富士の高嶺(たかね)に雪は降りける」


出典万葉集 三一八・山部赤人(やまべのあかひと)


[訳] 田子の浦を通って視界の開けた場所に出て見ると、富士の高嶺に真っ白に雪が降り積もっているよ。


鑑賞

「田子の浦にうち出でて見れば白妙(しろたへ)の富士の高嶺に雪は降りつつ」という形で『新古今和歌集』に見え、これが『百人一首』に採られている。『万葉集』の形だと、「ゆ」は動作の経由する場所を示す格助詞であるから、「田子の浦を通って(ある場所へ行き)」という訳になり、田子の浦は富士が眺望できない所ということになる。由比のあたりは山が海に迫り、富士は山のかげになる。それに対して、『新古今和歌集』は「田子の浦に出て見ると」であるから、田子の浦は富士の見える所でなければならず、これは現在の田子の浦の地と考えられる。









たごのうらゆのページへのリンク
「たごのうらゆ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たごのうらゆのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たごのうらゆのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS