古語:

とふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とふ

分類連語


…という。


出典万葉集 八八三


「佐用姫(さよひめ)が領巾(ひれ)振りきとふ君松浦山(まつらやま)」


[訳] 佐用姫が肩から垂らした布を振ったという、君を待つ、松浦山は。


参考

「といふ」の変化したもの。上代には「とふ」「ちふ」が用いられ、中古には「てふ」が用いられる。



と・ふ 【問ふ・訪ふ】

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


尋ねる。問う。


出典伊勢物語 九


「渡し守にとひければ」


[訳] 渡し舟の船頭に尋ねたところ。


調べる。詰問する。


出典平家物語 四・南都牒状


「その罪をとふべしといへども」


[訳] その罪を詰問しなければならないというが。


訪れる。訪問する。見舞う。


出典古今集 秋下


「秋は来(き)ぬ紅葉(もみぢ)は宿に降りしきぬ道踏み分けてとふ人はなし」


[訳] 秋が来た。紅葉は庭にいっぱい散ってしまった。しかし、その道を踏み分けて私を訪れる人は一人もいない。


弔問する。弔う。


出典徒然草 三〇


「跡とふわざも絶えぬれば」


[訳] 死者の霊を弔う法事もしなくなってしまうと。









とふのページへのリンク
「とふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

とふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




とふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS