古語:

とまりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とまり

名詞

(一)

【止まり・留まり】


終点。果て。行き着く所。


出典古今集 秋下


「年ごとにもみぢ葉流す竜田川水門(みなと)や秋のとまりなるらむ」


[訳] 毎年毎年もみじの葉を流す竜田川、その河口は秋が行き着く終点なのだろう。


本妻。最後まで連れ添う人。


出典源氏物語 帚木


「若きほどの好き心地(ごこち)には、この人をとまりにとも思ひとどめ侍(はべ)らず」


[訳] 若い時分の浮気心では、この人を本妻にとも決めることもしません。


(二)

【泊まり】


船着き場。港。


宿。宿屋。









とまりのページへのリンク
「とまり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

とまりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




とまりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS