古語:

とまるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とま・る

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


(一)

【止まる・留まる】


停止する。立ち止まる。


出典万葉集 四一六〇


「ゆく水のとまらぬごとく」


[訳] 流れ行く水が停止しないように。


あとに残る。生き残る。


出典更級日記 子忍びの森


「とまる男の、送りして帰るに」


[訳] あとに残る下僕で、(父を)送ってから戻る者に。


消えずに残る。(目に)とまる。


出典紫式部日記 消息文


「必ずをかしき一ふしの目にとまる、詠みそへ侍(はべ)り」


[訳] 必ず興味深い一節で目にとまるのが詠みそえてあります。


とりやめになる。中止になる。


出典枕草子 くちをしきもの


「営み、いつしかと待つことの、障りあり、にはかにとまりぬる」


[訳] 準備をして、早くその日にならないかと待っていることが、支障ができて急に中止になったこと。


(二)

【泊まる】


停泊する。


出典土佐日記 一二・二七


「こよひ浦戸にとまる」


[訳] 今夜は浦戸に停泊する。


宿をとる。宿泊する。


出典宇治拾遺 一・三


「雨風はしたなくて、帰るに及ばで、山の中に、心にもあらずとまりぬ」


[訳] 雨風が激しくて、帰ることができず、山の中に、思いがけなく泊まってしまった。









とまるのページへのリンク
「とまる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

とまるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




とまるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS