古語:

にはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

に-は

分類連語


…では。▽多く「あらず」「侍(はべ)らず」など打消の語句や「あれど」などの逆接を表す語句が続く。


出典源氏物語 桐壺


「いとやむごとなき際(きは)にはあらぬが、すぐれて時めき給(たま)ふありけり」


[訳] それほど高貴な身分ではない方で、際だって帝(みかど)のご寵愛(ちようあい)を受けて栄えていらっしゃる方があった。


なりたち

断定の助動詞「なり」の連用形「に」+係助詞「は」



に-は

分類連語


…には。


出典古今集 秋上


「秋来きぬと目にはさやかに見えねども」


[訳] ⇒あききぬと…。


なりたち

格助詞「に」+係助詞「は」



には 【庭】

名詞

家屋の前後などにある平地。のち、邸内の、草木を植え、池・島などを設けた場所。


神事・農事・狩猟・戦争・教育など、物事が行われる場所。場。


出典保元物語 上


「合戦のにはに出(い)でて」


[訳] 合戦の場に出て。


海面。


出典万葉集 三八八


「いざ子どもあへて漕(こ)ぎでむにはも静けし」


[訳] さあ、みんな。思いきって漕ぎ出そう。海面も静かだ。


家の中の土間。









にはのページへのリンク
「には」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

にはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




にはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS