古語:

になむの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

に-なむ

分類連語


…に。


出典源氏物語 桐壺


「夜半(よなか)うち過ぎるほどになむ、絶えはて給(たま)ひぬる」


[訳] 夜中を過ぎたころに、(桐壺更衣(きりつぼのこうい)は)お亡くなりになりました。


なりたち

格助詞「に」+係助詞「なむ」



に-なむ

分類連語


…で。…であって。


出典源氏物語 桐壺


「母宮、内裏(うち)のひとつ后腹(きさいばら)になむおはしければ」


[訳] (女君の)母宮は、帝と御母は同じであり、その母后のお腹からお生まれになった皇女でいらっしゃったので。


なりたち

断定の助動詞「なり」の連用形「に」+係助詞「なむ」



に-なむ

分類連語


…ので。


出典源氏物語 朝顔


「かく立ち寄り訪とはせ給(たま)ふになむ、もの忘れしぬべくはべる」


[訳] (あなたが)このようにお見舞い下さるので、この世のつらさも忘れそうでございます。


なりたち

接続助詞「に」+係助詞「なむ」









になむのページへのリンク
「になむ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

になむのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




になむのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS