古語:

にほのうみやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > にほのうみやの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

にほのうみや…

分類和歌


「にほの海や月の光のうつろへば波の花にも秋は見えけり」


出典新古今集 秋上・藤原家隆(ふぢはらのいへたか)


[訳] にほの海はまあ、月の光が映るので、秋の色がないといわれる波の花にも、秋の色は見えることだなあ。


鑑賞

本歌の「草も木も色変はれどもわたつうみの波の花にぞ秋なかりける」(『古今和歌集』)〈草も木も色が変わるが、海の波という花には(色を変える)秋はないことよ。〉が、秋になっても白波の色が変わらないのを、「秋なかりける」としたのに対してここでは、月の光が白い波に映れば、波も秋の色になると異を唱えた。「にほの海」は琵琶(びわ)湖の別名。









にほのうみやのページへのリンク
「にほのうみや」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

にほのうみやのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




にほのうみやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS