古語:

ふためくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふた-め・く

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


ばたばたと音を立てる。


出典徒然草 一六二


「大雁(おほがん)どもふためきあへる中に」


[訳] たくさんの大雁が(堂に閉じ込められて)ばたばた音を立てあっている中に。


ばたばた騒ぎ立てる。あわて騒ぐ。


出典平家物語 八・緒環


「引き具したりける所従十余人倒れふためき」


[訳] 引き連れていた家来十余人は(大蛇を見て)腰を抜かしてあわて騒ぎ。◆「ふた」は擬声語、「めく」は接尾語。









ふためくのページへのリンク
「ふためく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ふためくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ふためくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS