古語:

ふたつもじの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ふたつもじの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふたつもじ…

分類和歌


「ふたつ文字牛の角(つの)文字直(す)ぐな文字ゆがみ文字とぞ君はおぼゆる」


出典徒然草 六二・延政門院(えんせいもんゐん)


[訳] 二つの文字(=こ)、牛の角のような形をした文字(=い)、まっすぐになっている文字(=し)、ゆがんだ形の文字(=く)、そのようにあなた様のことを思っております。


鑑賞

延政門院が幼少のころ、父親の後嵯峨(ごさが)上皇に言上した歌。それぞれの文字の説明が、「こ・い・し・く」を導くなぞなぞになっており、父親のことを恋しく思っているという無邪気な子供らしい表現になっている。ただし、正しい歴史的仮名遣いは「こひしく」。



ふたつ-もじ 【二つ文字】

名詞

平仮名の「こ」の字のこと。








ふたつもじのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ふたつもじのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ふたつもじのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS