古語:

並べての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なべ-て 【並べて】

副詞

全般に。総じて。すべて。一般に。


出典徒然草 一四一


「なべて心柔らかに、情けあるゆゑに」


[訳] (都の人は)一般に心が穏やかで、思いやりがあるために。


ひととおり。あたりまえ。普通。▽「なべての」の形で連体修飾語として用いられることも多い。


出典源氏物語 花宴


「いと若うをかしげなる声の、なべての人とは聞こえぬ」


[訳] たいそう若々しく趣のある声で、普通の女房とは思われない(声が)。


(あたり)一面に。


出典古今集 冬


「梅の花それとも見えずひさかたの天霧(あまぎ)る雪のなべて降れれば」


[訳] どれが梅の花だかわからない。空を霧のようにかき曇らせる雪が一面に降っているので。









並べてのページへのリンク
「並べて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

並べてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




並べてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS