古語:

乱り心地の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みだり-ごこち 【乱り心地】

名詞

悩んで取り乱した気持ち。


出典源氏物語 桐壺


「かかる仰せごとにつけても、かきくらすみだりごこちになむ」


[訳] このようなお言葉につけても、心が暗み取り乱した気持ちでございますよ。


病気によるすぐれない気分。


出典源氏物語 夕顔


「みだりごこちの悪(あ)しう侍(はべ)れば、うつぶし臥(ふ)して侍るなり」


[訳] 気分が悪うございますので、うつ伏せに横たわっているのでございます。◆「みだれごこち」とも。









乱り心地のページへのリンク
「乱り心地」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

乱り心地のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




乱り心地のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS