古語:

乱るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みだ・る 【乱る】

[一]自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


乱れる。混乱する。


出典平家物語 一・祇園精舎


「楽しみをきはめ、いさめをも思ひ入れず、天下のみだれんことを悟らずして」


[訳] 楽しみを極め、(人の)忠告をも深く心にとどめないで、国が混乱するであろうことも悟らないで。


しまりがなくなる。格式ばらなくなる。


出典枕草子 正月一日は


「内裏(うち)わたりなどのやんごとなきも、けふはみなみだれてかしこまりなし」


[訳] 宮中あたりなどの高貴な所も、(節句の)今日は皆しまりがなくなって慎みがない。


(心が)乱れる。平静でなくなる。


出典源氏物語 夕顔


「かかる筋は、まめ人のみだるる折もあるを」


[訳] このような(恋の)方面では、まじめな人が心が平静でなくなる時もあるから。


[二]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


乱す。混乱させる。


出典平家物語 二・西光被斬


「この一門を滅ぼして、天下をみだらんとする企てあり」


[訳] この一門を滅ぼして、国中を混乱させようとする計画がある。


(心を)乱す。平静でなくす。思いわずらわせる。思い悩ます。


出典源氏物語 明石


「今さらに心をみだるも、いといとほしげなり」


[訳] (明石の入道が出家していながら)今改めて、(出家の)心を乱すのも、たいへん気の毒なようすである。









乱るのページへのリンク
「乱る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

乱るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




乱るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS