古語:

仰せらるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おほせ-・らる 【仰せらる】

分類連語


ご命令になる。お命じになる。


出典枕草子 うへにさぶらふ御猫は


「『この翁丸(おきなまろ)打ちてうじて、犬島へつかはせ。ただ今』とおほせらるれば」


[訳] 「この翁丸(=犬の名)を打ちこらしめて、犬島へ追放せよ。すぐさま」と(帝(みかど)が)お命じになるので。


おっしゃる。


出典平家物語 一・願立


「『朝夕宮仕ひ申さん』とおほせらるるこそ」


[訳] 「朝夕(山王の神に)ご奉仕いたそう」と(大殿の奥方が)おっしゃるのは。


なりたち

動詞「おほ(仰)す」の未然形+尊敬の助動詞「らる」









仰せらるのページへのリンク
「仰せらる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

仰せらるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




仰せらるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS