古語:

休むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やす・む 【休む・息む】

[一]自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


休息する。いこう。


出典更級日記 富士川


「いと暑かりしかば、この水の面(つら)にやすみつつ見れば」


[訳] とても暑かったので、この水のほとりに休息しながら見ると。


心身が安らかになる。休まる。


出典風雅集 雑下


「民に心のやすむ間(ま)もなし」


[訳] 民衆に心の休まる間もない。


横になる。寝る。


出典源氏物語 空蟬


「しばしうちやすみ給(たま)へど、寝られ給はず」


[訳] 少しの間横になりなさるが、眠ることがおできにならない。


[二]他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


休息させる。休ませる。


出典万葉集 一二八九


「青山(あをやま)のしげき山辺に馬やすめ君」


[訳] 青く茂った山のほとりに馬を休息させなさい、あなた。


心身を安らかにする。ゆるやかにする。


出典源氏物語 明石


「神仏(かみほとけ)明らかにましまさば、この愁(うれ)へやすめ給へ」


[訳] 神や仏が確かにおいでになるならば、この難儀を安らかにしてください。









休むのページへのリンク
「休む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

休むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




休むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS