古語:

何時かはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いつ-かは 【何時かは】

分類連語


いつ…か。いつになったら…か。▽実現がむずかしいことについて、待ち望む気持ちをこめた疑問の意を表す。


出典源氏物語 明石


「いつかはさる人の御有り様を、ほのかにも見たてまつらむ」


[訳] いつになったらそのような(すばらしい)お方のお姿を、ちらっとでも拝見できるだろうか。


いつ…か、いや、…ない。▽反語の意を表す。


出典古今集 雑下


「君をのみ思ひこしぢの白山(しらやま)はいつかは雪の消ゆる時ある」


[訳] あなただけを恋い慕ってはるばる越えて来た越路(こしじ)(=北陸道)の白山は、いつ雪の消えるときがあるか、いや、消えるときはない、(私の思いと同様に)。


なりたち

代名詞「いつ」+係助詞「かは」








何時かはのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

何時かはのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




何時かはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS