古語:

公事の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おほやけ-ごと 【公事】

名詞

朝廷の儀式・行事。政務。公務。「おほやけわざ」とも。


出典伊勢物語 八三


「さても侍(さぶら)ひてしがなと思へど、おほやけごとどもありければ」


[訳] そのまま(おそばに)お仕えしていたいと思ったけれど、朝廷の行事などもあったので。[反対語] 私事(わたくしごと)。


租税・賦役(ぶやく)など、国家から課せられた義務的な奉仕。


出典更級日記 竹芝寺


「武蔵(むさし)の国を預けとらせて、おほやけごともなさせじ」


[訳] 武蔵の国を預け与えて、租税や賦役も負担させまい。


型どおりの作法・やり方。


とおりいっぺんの役目。


出典源氏物語 桐壺


「おほやけごとに仕うまつれる、おろそかなる事もぞ」


[訳] とおりいっぺんのお役目として奉仕したのでは、疎略になりかねない。



く-じ 【公事】

名詞

朝廷における政務や儀式。


年貢(ねんぐ)のほかに領主におさめる夫役(ぶやく)(=労役)。


出典平家物語 四・源氏揃


「くじ・雑事(ざふじ)にかり立てられて、安い思ひも候はず」


[訳] 労役や雑務にせきたてられて、平穏な気持ちもございません。


訴訟。裁判。


出典甲陽軍鑑 五


「田地のくじを仕(つか)まつり」


[訳] 田地をめぐる訴訟をいたしまして。









公事のページへのリンク
「公事」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

公事のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




公事のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS