古語:

准三宮の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

じゅ-さんぐう 【准三宮】

名詞

平安時代以降、皇族や天皇の近親者、または公卿(くぎよう)などを優遇するために設けた称号。三宮(=皇后・皇太后・太皇太后)に準じて年官や年爵を給付して経済的に優遇したが、のちには年官や年爵の付かない形式だけのものとなった。准三后(じゆんさんごう)・(じゆさんごう)・准后(じゆごう)。








准三宮のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

准三宮のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




准三宮のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS