古語:

剰への意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あま-さへ 【剰へ】

副詞

そればかりか。


出典落窪物語 四


「あまさへ、憂き恥の限りこそ見せつれ」


[訳] そればかりか、つらい恥のすべてを見せてしまった。◆「あまっさへ」の促音「っ」の表記されない形。



あまっ-さへ 【剰へ】

副詞

そればかりか。


出典平家物語 一・鱸


「あまっさへ丞相(しようじやう)の位にいたる」


[訳] そればかりか大臣の位に至る。


事もあろうに。


出典平家物語 一一・文之沙汰


「あまっさへ封をも解かず」


[訳] 事もあろうに封も解かずに。


参考

「あまりさへ」の促音便。現代語では音便の意識がなくなって「あまつさえ」となったが、古文では「アマッサエ」と促音で読む。



あまり-さへ 【剰へ】

副詞

そればかりか。


出典方丈記 


「あまりさへ疫癘(えきれい)うち添ひて」


[訳] そればかりか伝染病まで加わって。








剰へのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

剰へのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




剰へのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS