古語:

寛ぐの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くつろ・ぐ 【寛ぐ】

[一]自動詞ガ行四段活用

活用{が/ぎ/ぐ/ぐ/げ/げ}


すきまができる。ゆるむ。


出典源氏物語 若菜上


「かうぶりの額、少しくつろぎたり」


[訳] 冠の額のあたりが少しゆるんでいる。


余裕・余地がある。


出典源氏物語 澪標


「数定まりてくつろぐ所もなかりければ」


[訳] (大臣の)数が決まっていて、(入る)余裕がある所もなかったので。


(気分が)ゆったりする。のびのびする。休息する。


出典古今著聞集 四四一


「心うちくつろぐことなし」


[訳] 心のゆったりすることがない。


[二]他動詞ガ行四段活用

活用{が/ぎ/ぐ/ぐ/げ/げ}


余地を作る。


出典枕草子 説経の講師は


「少しうち身じろぎくつろい、高座のもと近き柱もとに据ゑつれば」


[訳] 少し体を動かし、(入る)余地を作り、講師の席の近くの柱の下に座らせると。◇「くつろい」はイ音便。


[三]他動詞ガ行下二段活用

活用{げ/げ/ぐ/ぐる/ぐれ/げよ}


広める。ゆるめる。


出典平家物語 一一・一門大路渡


「装束もくつろげ給(たま)はず」


[訳] 着物もおゆるめにならず。








寛ぐのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

寛ぐのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




寛ぐのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS