古語:

寛闊なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くゎん-くゎつ・なり 【寛闊なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


派手だ。


出典好色一代男 浮世・西鶴


「奢(おご)り第一の世之介(よのすけ)が肝煎(きもい)る程に、よろづくゎんくゎつに申し付けて」


[訳] 贅沢(ぜいたく)では第一の世之介が世話するだけに、万事派手に申し付けて。


おおらかだ。


出典男色大鑑 浮世・西鶴


「この少人(せうじん)、気分はくゎんくゎつにぞ生まれ付きて」


[訳] この若衆(わかしゆ)、性格はおおらかに生まれついて。








寛闊なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

寛闊なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




寛闊なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS