古語:

差し並ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さし-なら・ぶ 【差し並ぶ】

[一]自動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


隣り合って並ぶ。並ぶ。


出典万葉集 一〇二〇


「さしならぶ国に出でますはしきやしわが背の君を」


[訳] 隣り合って並ぶ国におでかけになるいとしいわが夫の君を。◆「さし」は接頭語。


[二]他動詞バ行下二段活用

活用{べ/べ/ぶ/ぶる/ぶれ/べよ}


並べる。


出典源氏物語 竹河


「この殿の姫君の御かたはらには、これをこそさしならべて見め」


[訳] この殿の姫君の隣(=御婿君)には、この方をこそ並べて見たい。◆「さし」は接頭語。








差し並ぶのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

差し並ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




差し並ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS