古語:

差し合ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さし-あ・ふ 【差し合ふ】

自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


行き会う。出会う。


出典源氏物語 東屋


「さしあひて、おしとどめて立てたれば」


[訳] 出会って、(車を)ひきとめて、(榻(しじ)を)立てていたところ。


向かい合う。向き合う。


出典宇治拾遺 一五・二


「日本の東の奥の地とは、さしあひてぞあんなる」


[訳] 日本の東の奥の地方とは、向かい合っているそうである。


重なり合う。かち合う。


出典新古今集 雑上・詞書


「さしあふ事ありて、とどまりて」


[訳] かち合うことがあって、自分は残って。◆「さし」は接頭語。








差し合ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

差し合ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




差し合ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS