古語:

差し固むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さし-かた・む 【差し固む】

他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


門や戸などを固く閉じる。


出典源氏物語 横笛


「などかくさしかためたる」


[訳] どうしてこのように(格子を)固く閉じているのだ。◇「鎖し固む」とも書く。


厳重に警戒する。固く守る。


出典奥の細道 平泉


「泰衡(やすひら)らが旧跡は、衣が関を隔てて南部口をさしかため、夷(えぞ)を防ぐと見えたり」


[訳] 泰衡たち(藤原(ふじわら)一族)の旧跡は、衣が関を隔てて南部領への出入り口を厳重に警戒し、蝦夷(えぞ)の侵入を防ぐためのものと見える。◇「さし」は接頭語。








差し固むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

差し固むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




差し固むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS