古語:

御覧じ付くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 御覧じ付くの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ごらんじ-つ・く 【御覧じ付く】

[一]自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


見慣れていらっしゃる。▽「見付く」の尊敬語。


出典源氏物語 絵合


「弘徽殿(こきでん)にはごらんじつきたれば」


[訳] (冷泉(れいぜい)帝は)弘徽殿の女御(にようご)には見慣れていらっしゃった(=なじんでいらっしゃった)ので。


[二]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


お見つけになる。目におとめになる。▽「見付く」の尊敬語。


出典和泉式部 


「この童(わらは)かくれの方にけしきばみたるけはひをごらんじつけて」


[訳] (帥(そち)の宮は)この子供が、物陰でいかにも何かありそうなようすなのをお見つけになって。









御覧じ付くのページへのリンク
「御覧じ付く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

御覧じ付くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




御覧じ付くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS