古語:

御許の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

お-もと 【御許】

[一]名詞

御座所。▽貴人の居る場所の尊敬語。


ご婦人。お方。▽女房、または身近な女性を親しみ敬っていう語。


出典枕草子 関白殿、黒戸より


「あないみじのおもとたちや」


[訳] ああすばらしいご婦人がたよ。


…さま。▽多く、女房の名前や職名に「の」を付けた形の下に用いて、その女房を敬っていう語。


出典枕草子 職の御曹司の西面の


「式部のおもとと小廂(こびさし)に寝たるに」


[訳] 式部さまと小さな廂の間で寝ていたときに。


[二]代名詞

あなた。▽対称の人称代名詞。多く女性に対して敬愛の意をこめて用いる。


出典源氏物語 空蟬


「おもとは今宵(こよひ)は上にやさぶらひ給(たま)ひつる」


[訳] あなたは今夜はご主人様のおそばにお仕えしていらっしゃったか。◆「お」は接頭語。









御許のページへのリンク
「御許」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

御許のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




御許のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS