古語:

心ばへの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-ばへ 【心ばへ】

名詞

気立て。


出典源氏物語 桐壺


「この御子(みこ)のおよすけもておはする御かたち、こころばへありがたく珍しきまで見え給(たま)ふを」


[訳] このお子のだんだん成長しなさっていくご容貌(ようぼう)、気立てがめったになく珍しいほどにお見えになるのを。


心遣い。配慮。


出典源氏物語 葵


「御供の人々、うちかしこまり、こころばへありつつ渡るを」


[訳] お供の人々は、威儀を正し、心遣いをしながら通り過ぎるので。


風情。趣。


出典源氏物語 明石


「岩に生ひたる松の根ざしも、こころばへあるさまなり」


[訳] 岩に生えている松の根の張りぐあいも、風情のあるようすである。


参考

「こころばへ」は人の心についてだけでなく、自然や物についても用いられる。









心ばへのページへのリンク
「心ばへ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心ばへのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心ばへのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS