古語:

心ばせの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-ばせ 【心ばせ】

名詞

気配り。心遣い。


出典宇治拾遺 一三・二


「こころばせある人だにも、物につまづき倒るることは、常のことなり」


[訳] 気配りのある人でも、物につまずいて倒れることは、常のことである。


気立て。性質。


出典源氏物語 桐壺


「こころばせのなだらかに目やすく、憎みがたかりしことなど、今ぞおぼし出(い)づる」


[訳] 気立てが温和で感じがよく、憎みきれなかったことなどを、今になって思い出しなさる。


参考

人の性質について、多くはほめ言葉として使われる。









心ばせのページへのリンク
「心ばせ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心ばせのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




心ばせのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS